舞台舞台   ニュースニュース   イントロダクションイントロダクション   キャラクターキャラクター

公式Twitter公式Twitter

著/岡山ヒロミ イラスト/あづみ冬留
書籍情報はコチラ書籍情報はコチラ

2019年秋・映画化決定!! 2019年春・舞台化決定!! 映画監督・映像:ヨリコジュン 舞台演出・脚本:菅野臣太郎


古民家カフェの店主・吉備桃太郎の正体は? ベタすぎる名前にひそかなコンプレックスを抱く吉備桃太郎は、故郷・岡山で祖父のあとを継ぎ「桃源郷」の店主におさまっている。ところが彼のもとに集まるのは、どうやら過去世から因縁のある人物ばかりで…。


舞台「桃源郷ラビリンス」東京公演:なかのZERO大ホール 2019年4月4日(木)~7日(日) 岡山公演:おかやま未来ホール 2019年4月13日(土)~14日(日)企画・主催:舞台「桃源郷ラビリンス」製作委員会(ダブルアップエンタテインメント、HIROPRO、東映ビデオ、サンライズプロモーション東京)

ニュース

イントロダクション

誰もが知るおとぎ話《桃太郎》を、誰も見たことのない《桃太郎》の物語にする
マルチメディア・プロジェクト、始動――!


岡山市街地にある、古民家カフェ「桃源郷」――。

若き店主・吉備桃太郎には、本人も半信半疑の秘密があった。
それは彼が、あの伝説の《桃太郎》の転生体である、ということ。

面倒見のよい桃太郎に惹かれるように、
カフェ「桃源郷」には、ワケアリの人々が集まってくる。

押しかけ店員の犬養津与志は《犬》、
常連客となった大学生・楽々森類は《猿》、
ミステリアスな珠臣樹里は《雉》。

さらには、《別の物語》にまつわる人物たちも現れて――。

そして・・・・・・桃太郎の幼なじみにして親友・大和尊との、
時空を超えた因縁とは?

キャラクター

キャラクター…吉備 桃太郎:桃、大和 尊:鬼犬養 津与志:犬、楽々森 類:猿、珠臣 樹里:雉