「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」
「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ホタルの嫁入りの進平の過去は?正体は何者なのかも紹介

ホタルの嫁入りの進平の過去は?正体は何者なのかも紹介 ホタルの嫁入り
マンガワンで隔週月曜日連載中の橘オレコ先生原作の大人気少女漫画「ホタルの嫁入り」。
「ホタルの嫁入り」の主人公・紗都子のお相手であり最愛の人・進平の過去や正体が気になるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、謎に包まれた進平の過去にスポットを当て、”何者なのか”という疑問を解いていきたいと思います。
進平とは一体何者なのか、そして謎だらけの正体とは・・・?
気になる方は是非最後までチェックされてみてくださいね!

 

ホタルの嫁入りの進平の過去は?

ホタルの嫁入りの進平の過去は?正体は何者なのかも紹介

 

第1話では、何者かに連れ去られた桐ケ谷紗都子を殺す”殺し屋”として、運命的な出会いを遂げた後藤進平。

どうしても生き延びて桐ケ谷家に帰りたい紗都子は「結婚する」と約束し、進平の気を引こうと企みます。

普通の男性なら嘘だと無抜き一蹴しそうなものですが、愛に飢えている進平はこの紗都子の言葉を鵜呑みに。

そこから紗都子に並々ならぬ愛情を注ぎ、命がけで守り続ける姿にキュンキュンさせられっぱなしです!

進平は何故紗都子に執着するのか、そして何故見え見えの嘘を信じてしまったのか・・・。

おそらく”進平の過去”にその理由があるのではないでしょうか。

進平の過去に一体何があったのか、そして何を抱えているのかを、これまでのお話を振り返りながら考察していきたいと思います!

 

ホタルの嫁入りの進平の過去が分かるのは何話?

まず最初に進平の過去が明らかになるのは、第2話になります。

人を斬った直後に口づけをした紗都子を不気味な笑顔で見つめる進平にゾクゾクしたこのシーンですが、「今まで出会った女性は仕事の話をすると逃げられた」との事。

女性に”殺し屋”という正体を打ち明ける度に口封じとして殺すしかなかったらしく、正体を含めて受け入れてくれたのは紗都子が初めてだったようですね。

全てを受け入れてくれた初めての女性という事もあり、進平の紗都子への愛が激重になりヤンデレ化してしまったのでしょうか。

また、第9話では母が遊女だった事や、初めて殺害した相手が”母を殺した男”だった事が明らかに。

母とはどのような暮らしをしていたかは分かりませんが、初めて殺害した相手が母の仇という点が辛すぎます。

そこで進平はこれまでにないような爽快感を覚えたようですが、彼にとって”殺し屋”は天職なのかもしれませんね。

 

ホタルの嫁入りの進平の生い立ちは?

遊女だった母と、その客の一人だった父親の間に生まれ、天女島で生まれ育ってきた進平。

幼い頃から天女島で暮らしていた事もあり、遊女たちと親しい間柄である事も頷けます。

父親の顔は知らず母と二人暮らしだった事から、貧しい暮らしをしていた事も予想されますね。

進平の母が殺された理由は分かりませんが、きっとたった一人の身内である母を深く愛していたのでしょう。

母の仇を殺害した事で、進平の正体である”殺し屋”としての才能が開花。

また、第1話では”金になるもの以外では交渉しない”と話していますし、金のために殺し屋の仕事をしている可能性もありますね。

母を失った進平は、生きるためにたった一人で人を殺しながら生活していたのかと思うと切なくなりました。

 

進平が殺し屋になる前は?

殺し屋になる前には遊女だった母と二人で暮らしていたようです。

しかし、父親の正体は”客だった”という事しか分かっておらず、母も仕事で留守が続いていたと考えると、寂しい幼少期を過ごしていたのではないでしょうか。

そんな進平にとって、気さくに話しかけてくれる天女島の人たちは大切な存在なのかもしれません。

腕っぷしを買われた進平は、遊女たちの守るための用心棒として働くように。

厄介な客から守ってくれるイケメンという事で、進平に憧れを抱く遊女たちも多いと言われています。

用心棒として暮らしていた進平が”殺し屋”になったのは、やはり母の死が大きいと予想できますし、愛情に飢えている分、紗都子への執着が激しくなったと考えています。

母の仇を討った事で殺し屋として目覚めたのか、それとも生きるために仕方なく殺し屋をしているのか、まだ謎多き部分です。

 

ホタルの嫁入りの進平の正体は何者なのかも紹介

ホタルの嫁入りの進平の過去は?正体は何者なのかも紹介

進平の表向きの姿は、天女屋で暮らす遊女たちの安全を守る”用心棒”、そして裏の顔は金さえ積めばどんな人物でも躊躇なく殺害する”伝説の殺し屋”です。

用心棒として信頼されている進平は遊女たちから慕われており、彼の姿を見た遊女たちは熱視線を送っていました。

特に紗都子に様々な嫌がらせをしていた遊女・紫(ゆかり)とは只ならぬ関係で、過去に情夫だった事が明かされています。

あくまでも”遊女と客”という間柄だったようですが、いくら過去とはいえ二人に身体の関係があったのかと思うと心穏やかではいられませんね。

しかし、第14話で紫に想いを告げられた進平は「特別だと思った事はない」と拒絶。

魅力的な遊女に囲まれながらも、紗都子以外眼中にないという点も進平の魅力の一つですね!

 

ホタルの嫁入り│進平の正体は殺し屋?

進平が殺し屋になったきっかけは、”母の死”だと思います。

元々サイコパス気質だった可能性も否定できませんが、命がけで紗都子を守り愛情を注ぐ姿を見る限り、根は優しい青年ですし、猟奇性があるようには見えません。

第9話では母を殺した男を殺害した事が明かされており、これが進平にとって初めての”殺し”だった事も判明。

進平は「快感だった」と語っていますが、そう思わなければ母の死を受け入れる事ができなかったのかもしれませんね。

また、進平は大金を積めば殺しを請け負うと言われていますし、生きるために仕方なく殺し屋を続けている可能性も。

とはいえ紗都子とは”人を殺さない”と約束させられており、一緒に暮らすとなれば殺し屋を引退するという展開もあり得そうですね!

読者としても進平と紗都子には心穏やかに生きて欲しいですし、危険な目に遭わないためにもいつかは殺し屋を引退する事を願いたいです。

 

ホタルの嫁入り│進平の正体は天女島の護衛役?

第10話では、紗都子の指南役となった遊女・葵から進平の正体が明かされています。

進平は天女島で生まれ育った事もあり、島全体の遊女屋を守る用心棒に。

元々腕っぷしの強い進平は、その才能を見込まれ遊女屋の用心棒として雇われる事になったのでしょうか。

厄介な客を懲らしめ遊女たちを守るその姿に、憧れを抱く遊女も少なくはありません。

その一方で、各遊女屋の元締めや権力者たちからも一目置かれているため、”怖い噂”も囁かれているとの事。

怖い噂とは進平の裏の顔である”殺し屋”の事だと思いますが、あくまでも噂であって本当の正体は誰も知らないようですね。

進平が遊女たちから慕われている訳も理解できましたが、紫とは深い関係だったと知り嫉妬する紗都子の姿が可愛いです。

 

まとめ

ホタルの嫁入りの進平の過去は?正体は何者なのかも紹介

この記事では、大人気少女漫画「ホタルの嫁入り」の男主人公・進平の過去や正体についてご紹介しました。

進平が一体何者なのか、そしてその過去や正体についてご理解いただけたでしょうか?

少しずつ進平の過去が明かされていきましたが、まだまだ謎に包まれている部分も多く、読者としては気になってしまいます!

「ホタルの嫁入り」は隔週月曜日更新なので、進平が何者なのかもっと知りたいという方は是非マンガワンでチェックされてみてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました